沿革・歴史

安永ならではの技術を進化させ新たな可能性を追求する

ミシンアームベッド製造で培った精密加工技術を基盤に、エンジン部品の生産と工作機械の開発・製造を主力とした自動車関連分野へ。環境機器、ワイヤソー、検査測定装置といったオリジナル製品も生み出し事業領域を拡大、新たな可能性へのあくなき挑戦を続け、未来を切り拓いていきます。

沿革

技術開発のあゆみ

1923年~

1923年6月 初代社長安永芳房が安永鉄工所を創業し、農機具等の製造・修理に着手

1940年~

1947年2月 家庭用ミシンアームベッドの生産に着手
1949年9月 株式会社組織に変更し、「株式会社安永鉄工所」を設立
1953年3月 銑鉄鋳物の生産開始
1953年7月 鋳造部門を分離し、「株式会社安永鋳造所」を設立
1959年8月 農業用機械部品の生産開始
1959年11月 上野市緑ケ丘(現:伊賀市緑ケ丘)にミシンアームベッド工場を建設し、操業を開始

1960年~

1960年3月 国内向け外販工作機械の生産開始
1963年4月 自動車エンジン部品の生産開始
1963年11月 本社機能を上野市平野馬場先から上野市緑ケ丘(現:伊賀市緑ケ丘)に移転
1964年12月 運送部門を分離し、「緑運送株式会社」を設立
1967年3月 名張市に名張工場を建設し、操業を開始
1970年7月 東京都に「安永エンジニアリング株式会社」を設立
1972年5月 エアーポンプの生産開始
1974年6月 ミシンアームベッドの生産中止
1975年2月 ワイヤソーの生産開始

1980年~

1982年11月 上野市(現:伊賀市)に西明寺工場を完成させ、自動車エンジン部品工場として操業開始
1986年3月 東京都墨田区に安永エンジニアリング株式会社ビルの完成に伴い、同ビル内に東京事務所を設置
1987年2月 検査測定装置の生産開始
1988年4月 「株式会社安永鉄工所」から「株式会社安永」に商号を変更
1988年9月 CIを導入
1988年9月 「株式会社安永鋳造所」を「安永キャスティング株式会社」に、「緑運送株式会社」を「安永運輸株式会社」に商号変更
1989年11月 米国に合弁会社「ゼネラル・プロダクツ・デラウェアー・コーポレーション」を設立
1990年8月 名張工場にNCセンター完成。NCマシンを集約させ、多種少量生産拠点とする
1993年10月 「安永エンジニアリング株式会社」を吸収合併
1994年4月 「安永キャスティング株式会社」を吸収合併
1995年5月 韓国に合弁会社「株式会社嶺南安永」を設立
1996年2月 インドネシアに子会社「安永インドネシア株式会社」を設立
1996年2月 大阪証券取引所市場第二部へ上場
1997年10月 エンジン部品事業において、TPM優秀賞第1類を受賞
1997年12月 エアーポンプ、検査測定装置及びワイヤソー事業において、ISO9001の認証を取得
1998年4月 子会社「安永総合サービス株式会社」を設立
1998年10月 米国に販売子会社「安永アメリカ株式会社」を設立
1999年3月 東京都墨田区の東京事務所を東京サービスセンターとし、東京事務所を東京都中央区に移転
1999年4月 オゾン発生装置の生産開始
1999年7月 グリスセパレーターの生産開始
1999年11月 エンジン部品事業において、TPM優秀継続賞第1類を受賞
1999年12月 エンジン部品事業において、ISO9000シリーズの認証を取得

2000年~

2000年3月 米国の合弁会社「ゼネラル・プロダクツ・デラウェアー・コーポレーション」の全株式を譲渡
2000年5月 愛知県豊田市に東海営業所を設置
2000年6月 工作機械事業において、ISO9001の認証を取得
2000年6月 ストックオプション制度の導入
2000年10月 「安永環境委員会」設置……環境保全課題に取り組む
2001年5月 シンガポールに子会社「安永シンガポール株式会社」を設立
2001年6月 生ごみ処理機「GOMIC」の販売開始
2001年6月 アメニティー関連商品「ハッピーヒーリング」の販売開始
2001年7月 名古屋駅前に名古屋事務所を設置(東海営業営業所を統合)
2001年8月 1単位の株式数を、1,000株から500株に引下げ
2001年8月 米ゼネラルモーターズ社の新型エンジン用カムシャフトのサプライヤーに選定
2001年12月 本社工場において、ISO14001認証を取得
2002年2月 ISO9000全社統合拡大認証を取得
2002年9月 中国上海市に子会社「上海安永精密切割機有限公司」を設立
2002年12月 エンジン部品部門で、米国自動車メーカービック3などの品質システム要求事項であるQS9000の認証を取得
2002年12月 キャスティング工場において、ISO14001認証を取得
2003年12月 ISO9000-2000年版へ移行
2004年1月 ISO14001全工場認証取得
2004年3月 オゾン発生装置、酸素・窒素ガス発生装置、グリスセパレーター、ハッピーヒーリングの製造・販売を中止
2004年4月 名古屋事務所を閉鎖
2004年10月 会社分割により、ワイヤソー事業を、新設子会社「ヤスナガワイヤソーシステムズ株式会社」に継承
2004年10月 会社分割により、検査測定装置事業を、新設子会社「YASUNAGA S&I株式会社」に継承
2005年4月 会社分割により、環境機器事業を、新設子会社「安永エアポンプ株式会社」に継承
2005年8月 165万株の新株発行による公募増資等を実施
2005年9月 伊賀市に「ゆめぽりす工場」竣工
2006年1月 YASUNAGA S&I株式会社 自社で品質マネジメントシステムを維持することを決定しISO9001の認証を取り下げ
2006年8月 1単元の株式数を、500株から100株に引下げ
2007年4月 東京都墨田区の東京サービスセンターを、安永東京センターに名称変更
2007年4月 東京都中央区の東京事務所を閉鎖
2007年12月
  • エンジン部品事業 ISO/TS16949の認証取得を決定し、ISO9001の認証を取り下げ
  • ヤスナガワイヤソーシステムズ株式会社 自社で品質マネジメントシステムを維持することを決定し、ISO9001の認証を取り下げ
2008年2月 ISO/TS16949認証を、エンジン部品事業国内全工場で取得
2009年4月 「ヤスナガワイヤソーシステムズ株式会社」と「YASUNAGA S&I 株式会社」を吸収合併
2010年5月 子会社「安永クリーンテック株式会社」を設立
2010年9月 「安永クリーンテック株式会社」がクリーンテック株式会社のディスポーザシステム事業を吸収分割により承継
2010年10月 中国山東省に子会社「山東安永精密機械有限公司」を設立
2011年3月 韓国に子会社「韓国安永株式会社」を設立
2011年3月 GM「2010年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
2012年3月 GM「2011年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
2012年3月 韓国安永株式会社「益山工場」竣工
2012年12月 タイに子会社「安永タイ株式会社」を設立
2013年3月 GM「2012年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
2013年7月 東京証券取引所市場第二部に市場変更(市場統合による)
2014年6月 東京証券取引所市場第一部に指定
2014年6月 安永シンガポール株式会社を解散
2015年6月 監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行
2015年7月 メキシコに子会社「安永メキシコ株式会社」を設立
2017年3月 GM「2016年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞